なべお徒然 blog

DIYやインテリアなど日常の徒然を綴ります。

すきま菜園 DIY2


f:id:nabeo1123:20190321093706j:image

 

レンガ部分にかかってくるので、その部分はセメントで土台を作ります

 

まず端材を使って型枠を作ります

 

そして自作の鉄筋クランプで固定

 

鉄筋クランプ、すごく便利です

 


f:id:nabeo1123:20190321093738j:image

 

セメントを型枠に詰めて

ブロックを置きます

 


f:id:nabeo1123:20190321181846j:image

 

ここは鉄筋が通るので、あらかじめグラインダーで欠きとっています

 


f:id:nabeo1123:20190323110307j:image

 

このまま2日ほど硬化させて

 

型枠をはずすと

こんな感じに


f:id:nabeo1123:20190323110326j:image

 

横筋を置いて

再度、型枠を鉄筋クランプで固定


f:id:nabeo1123:20190323110504j:image

 

セメントを流し込み


f:id:nabeo1123:20190323110622j:image

 

このまま硬化を待ちます

 


f:id:nabeo1123:20190323110713j:image

 

すきま菜園はまだ続きます

 

この奥にもうひとつ

 


f:id:nabeo1123:20190323125516j:image

 

散らかっているものを片付けて

 


f:id:nabeo1123:20190323125557j:image

 

反対側から

 


f:id:nabeo1123:20190323125621j:image

 

雑草とオニワラビが生えてます

 

除草して、砂利もどけて

 


f:id:nabeo1123:20190323125844j:image

 

ここにもうひとつ作ります

 

 

 

すきま菜園 DIY 1

うちの地域は、壁面後退が1000mm以上と定められており、境界の路地が広めです

 

もったいないので有効に活用していきたいと思います

 

そこで、コンクリートブロックでレイズドベッドした、すきま菜園を作ります

 

北面で、日当たりも良くないですが、日陰のほうが育ちやすい野菜もありますし、うまく使っていけたらと思います

 

とりあえず簡単そうなシソを栽培してみます

 


f:id:nabeo1123:20190317084625j:image

 

まずひとつめはここに作ります


f:id:nabeo1123:20190317105751j:image

 

路地の幅は1200mmほどでしょうか

 

ブロック塀の控え壁を利用して作ります

 

掃除と砂利をどけて


f:id:nabeo1123:20190317105806j:image

 

ブロックを仮置き

 

100mmヨーカンを2個使用

ひとつはグラインダーでカットしてます


f:id:nabeo1123:20190317105826j:image

 

砂利で高さと垂直水平を調整

規模が小さいので水平器で十分


f:id:nabeo1123:20190317105840j:image

 

二段目は普通の100mmブロック、横筋用です

 

ひとつはグラインダーでカット済み

 


f:id:nabeo1123:20190317105855j:image

 

穴にセメントを詰めていきます


f:id:nabeo1123:20190317105925j:image

 

横筋ブロックにもセメントを詰めます

 


f:id:nabeo1123:20190317112211j:image

 

重量が増すので土圧への抵抗力が上がります

 

今回は作業省略のため鉄筋を簡易な形にするつもりなので、保険みたいなものです


とりあえずきょうはここまで


f:id:nabeo1123:20190317105909j:image

 

 

 

 

デッキ 屋根 DIY 10

f:id:nabeo1123:20181118221050j:image


f:id:nabeo1123:20181201213611j:image

 

手前数ヵ所の残りのネジを留めて屋根は終了

 


f:id:nabeo1123:20181215080113j:image

 


f:id:nabeo1123:20181215080140j:image

 


f:id:nabeo1123:20181215080158j:image

 


f:id:nabeo1123:20181215080210j:image

 

よい感じになりました

 

明るすぎず、暗すぎず、日の透し加減も良好

それに屋根があると籠り感が出てきます

 

 

最後に、仕上げとしてデッキ柵を作ります


f:id:nabeo1123:20181124084949j:image

 

ここにちょっとした腰掛けを兼ねた柵を作ります

 

まずはシンプソン金具をデッキの横板に設置


f:id:nabeo1123:20181124084926j:image

 

560mmピッチで8個


f:id:nabeo1123:20181124195922j:image

 

2×4を加工


f:id:nabeo1123:20181124143743j:image

 

たっぷり防腐剤を塗り


f:id:nabeo1123:20181125103035j:image

 

デッキ横に固定


f:id:nabeo1123:20181201202911j:image

 


f:id:nabeo1123:20181201202938j:image

 

他の部材をカット

防腐剤を塗ります


f:id:nabeo1123:20181201203104j:image

 

柱に金物を設置


f:id:nabeo1123:20181205222115j:image

 

これは本来、柱金物ですが、逆の使い方をしています

 

柵の上をつけます

 


f:id:nabeo1123:20181205222200j:image

 

他の部材もつけて

 


f:id:nabeo1123:20181216145420j:image

 


f:id:nabeo1123:20181216145514j:image

 


f:id:nabeo1123:20181216145533j:image

 


f:id:nabeo1123:20181216145548j:image

 


f:id:nabeo1123:20181216145603j:image

 


f:id:nabeo1123:20181216145616j:image

 

完成

 

デッキと柱が連結されたので、剛性が向上しました

 

これで台風がきても大丈夫

 

 

 

デッキ 屋根 DIY 9


f:id:nabeo1123:20181115111816j:image

 

ポリカ波板を張っていきます

 

3山ごとに固定

 

あらかじめ下穴を開けておいたので屋根上での作業が楽です

 


f:id:nabeo1123:20181118145340j:image

 

最後の部分はカットが必要でした

 

5尺のポリカ波板を10枚使用

 

最後ネジが足らずここで終了

 

残りは来週末

 

物干し金具も設置します

 

ここと


f:id:nabeo1123:20181118145942j:image

 


f:id:nabeo1123:20181118220206j:image

 

ここに設置します

 


f:id:nabeo1123:20181118220241j:image

 

こんな部品を使って

 


f:id:nabeo1123:20181118220326j:image

 


f:id:nabeo1123:20181118220339j:image

 

斜めの部材に固定

 


f:id:nabeo1123:20181118220447j:image

 

こちらはボルトで固定

 


f:id:nabeo1123:20181118220535j:image

 

物干し棹を設置


f:id:nabeo1123:20181118145356j:image

 

さっそく使ってみました

よい感じ

 

今週はここまで


f:id:nabeo1123:20181118145409j:image

 


f:id:nabeo1123:20181118220748j:image

 

 

デッキ 屋根 DIY 8


f:id:nabeo1123:20181112103004j:image

 

垂木をかけ終わったので、次は屋根の下地です

 

屋根材はポリカ波板を使用するので、屋根を葺く方向に直交する下地にします

 

下地材は、ホワイトウッド

間柱用で10本2000円

安くて軽いので良いです

 

f:id:nabeo1123:20181112103658j:image


f:id:nabeo1123:20181112103719j:image

 

たっぷり防腐剤を塗って、欠き込み部分に納めていきます

 

固定は90mmコースレッド

 

下地のピッチは440mm

 

屋根材を貼っていきます

波板はエンボス加工のブロンズ

まずパッキンを貼っていきます


f:id:nabeo1123:20181112104102j:image

固定は傘ネジと傘クギ

四方の辺と重ね部分は風で捲れやすいので傘ネジを使用し、中心は傘クギ

ネジの単価が割りに高いのでネジとクギ併用

 

 

竪樋部分はグラインダーでカット

 


f:id:nabeo1123:20181112104255j:image

 

途中まで張りました

 


f:id:nabeo1123:20181114135435j:image

 

傘釘はまだ打ってない状態

5尺の波板をカットせず使用

ちょうどよい長さです

 


f:id:nabeo1123:20181114135641j:image

 

下から

よい感じです



デッキ 屋根 DIY 7


f:id:nabeo1123:20181110054706j:image


仮置きした垂木を外します

 

屋根材はポリカ波板にするので横方向に下地をつけます

 

垂木をクランプで纏めて


f:id:nabeo1123:20181110112840j:image

 

欠き取る部分に印をつけて


f:id:nabeo1123:20181110112853j:image

 

丸のこで切れ目を入れ


f:id:nabeo1123:20181110112909j:image

 

のみで欠き取ります


f:id:nabeo1123:20181110112923j:image


f:id:nabeo1123:20181110112936j:image

 

防腐剤を塗って


f:id:nabeo1123:20181110123852j:image

 

桁に設置


f:id:nabeo1123:20181110141026j:image

 

固定は120mmコースレッドを使用

 

だいぶ屋根っぽくなってきました

 

 

 

デッキ 屋根 DIY 6


f:id:nabeo1123:20181026214056j:image

桁を設置しました


f:id:nabeo1123:20181026214131j:image

 


f:id:nabeo1123:20181026214147j:image

 


f:id:nabeo1123:20181026214203j:image

 


f:id:nabeo1123:20181026214221j:image

 

骨組みが大部分できました

 

このままでは横からの荷重に弱いので

コーナーに斜めの部材を入れて強度を上げます

 


f:id:nabeo1123:20181104062015j:image

 


f:id:nabeo1123:20181104062032j:image

 


f:id:nabeo1123:20181104062044j:image

 

固定は、ボルト接合と90mmコースレッド

 


f:id:nabeo1123:20181104062140j:image

 

次に垂木をかける部分を欠き取っていきます

 


f:id:nabeo1123:20181104062317j:image

 

ここを


f:id:nabeo1123:20181104062329j:image

 

のこぎりで細かく切れ目を入れて


f:id:nabeo1123:20181104062340j:image

 

のみで欠き取ります

 

垂木を仮置きして高さを調整します

 


f:id:nabeo1123:20181104062539j:image