なべお徒然 blog

DIYやインテリアなど日常の徒然を綴ります。

外構(門柱、土留め)DIY6



f:id:nabeo1123:20190518223143j:image

 

門柱側のブロックを積み増ししました

 


f:id:nabeo1123:20190519131659j:image

 



f:id:nabeo1123:20190519131726j:image

 

門柱との接合

 


f:id:nabeo1123:20190519131801j:image

 

裏側

 


f:id:nabeo1123:20190519131828j:image

 

これで門柱側の土留めは完成

 

before

 


f:id:nabeo1123:20190519202953j:image

 

芝生敷き、法面があって使いにくい庭でした

 

門柱は安い機能門柱

 

 

 

after

 


f:id:nabeo1123:20190519203018j:image

 

土留めでフラットにすることで、庭として有効に使える部分を増やしました

 

手作りフェンスと門柱

 

門柱は、リーベさんで購入したFRP製の枕木を使用

 

 

 

 

 

次の土留めに移ります

 

次はここ

 

道路側

 



f:id:nabeo1123:20190519203222j:image


f:id:nabeo1123:20190519203421j:image

 

水道メーターの周りを掘り下げました

 


f:id:nabeo1123:20190519203352j:image

 

 

今日は終わり

 

 


f:id:nabeo1123:20190520105838j:image

 

今年もバラが咲きました

 

たった一株でこのボリュームです

 

特に大した手入れをしていませんが、年々枝が増えてきます

 

今年の冬は、ちゃんとした剪定とワイヤーの補強をしなければいけません

 

 

 

 

 

 

外構(門柱、土留め)DIY5


f:id:nabeo1123:20190507162659j:image

 


f:id:nabeo1123:20190507162710j:image

 

四段目まで積み、フェンスの支柱を立てました

 

土留めの高さはここまで

 

ブロックにセメントをつめます

 


f:id:nabeo1123:20190511133234j:image

 


f:id:nabeo1123:20190511133254j:image

 

門柱側は、ブロックを積み増して段状にしています

 


f:id:nabeo1123:20190511142616j:image

 

フェンスをつけます

 


f:id:nabeo1123:20190512162226j:image

 


f:id:nabeo1123:20190512162246j:image

 


f:id:nabeo1123:20190512162301j:image

 

フェンス材は、セメントを打設するときに使うワイヤーメッシュ

5mmの太さを使用

 

錆止めの塗料を塗っています

 

 

 

 

 

外構(門柱、土留め)DIY4


f:id:nabeo1123:20190505213314j:image

 

二段積みました

 

次はフェンスの素材

 


f:id:nabeo1123:20190505213541j:image

 

ふつうのフェンスを買うと結構高いので

鉄製の角パイプとワイヤーメッシュを使います

角パイプは厚み1mm、1.6角、1800mmを6本、各280円

ワイヤーメッシュは5mmで500円くらい

二枚使います

合わせて3000円程度

だいぶコストダウンできます

 


f:id:nabeo1123:20190505213658j:image

 

まず穴を空けるところをポンチでマーキング

 


f:id:nabeo1123:20190505213712j:image

 

鉄工ドリルで穴空け

グリスを使うとスムーズです

 


f:id:nabeo1123:20190505213724j:image

 

空きました

 


f:id:nabeo1123:20190505213825j:image

 

穴をテーパーで5mmに拡げます

 


f:id:nabeo1123:20190505213740j:image

 

ワイヤーメッシュとの接続

 


f:id:nabeo1123:20190505213754j:image

 

よい感じです


f:id:nabeo1123:20190505213814j:image

 

全ての角パイプに穴を空けました


f:id:nabeo1123:20190505213842j:image

 

錆び防止に保護塗料

色はつや消しブラック

 


f:id:nabeo1123:20190505213855j:image

 

塗料を塗り終わりました


f:id:nabeo1123:20190505213914j:image

 

土留め作業に復帰

 

四段目、積み終わりました

 


f:id:nabeo1123:20190505213929j:image

 

天板のレベルが揃っています

なかなかいい仕上がりです

 

フェンスの支柱を差し込みます


f:id:nabeo1123:20190506065845j:image

 


f:id:nabeo1123:20190506065856j:image

 

800mmほど差し込むので縦筋としての働きもします

 

鉄筋の縦筋もブロック2つごとに入れているので、全体としての剛性は高くなっている…

と思います

なんとなくですが

 

控え壁も鉄筋で連結します


f:id:nabeo1123:20190506065906j:image

 


f:id:nabeo1123:20190506065918j:image

 


f:id:nabeo1123:20190506065930j:image

 

 

 

 

 

 

 

外構(門柱、土留め)DIY3


f:id:nabeo1123:20190502210008j:image

 

門柱にインターホンがつきました

 

次は土留め

 

まずはここから


f:id:nabeo1123:20190502210155j:image

 

穴を掘ります

掘りすぎないように水糸とバカ棒を使いました


f:id:nabeo1123:20190502210220j:image

 

控え壁は三ヶ所いれます


f:id:nabeo1123:20190502210330j:image

 

砂利を敷いて

金網メッシュを敷きます

スペーサーはめんどうなので省略


f:id:nabeo1123:20190502210347j:image

 

ブロックを用意

曲線なので各ブロックの内径側は欠き取っています


f:id:nabeo1123:20190502210401j:image

 

基礎のセメント

体積の計算はめんどうだったので、とりあえず20袋購入

これだけあれば足りないなんてことはないはず…


f:id:nabeo1123:20190502210417j:image

 

基礎セメント打設

結局、14袋使いました


f:id:nabeo1123:20190502210430j:image

 

本当は縦筋を金網メッシュに結束したほうがいいのだろうけど、J字にした鉄筋を差し込むことにしました


f:id:nabeo1123:20190502210651j:image

ブロックを基礎セメントにめりこませ、鉄筋をブチュっと差します

 

控えには15cmブロック使用


f:id:nabeo1123:20190502210517j:image

ここに隙間が空いちゃってます


f:id:nabeo1123:20190502210536j:image

 

二段目積めました

二段ずつ横筋を入れます

鉄筋がないので続きは次回


f:id:nabeo1123:20190502210547j:image

 

隙間もセメントで埋めました


f:id:nabeo1123:20190502210558j:image

外構(門柱、土留め)DIY2


f:id:nabeo1123:20190428115145j:image

 

前回はここまで進みました

 

インターホンの土台が接着できたので、配線を通してインターホンを設置します

 

まずガムテープをはがして


f:id:nabeo1123:20190428115404j:image

 

いい感じ

向かって右側は外灯を設置する予定

 

まず露出した配線を保護します


f:id:nabeo1123:20190428115504j:image

 

使用するのはカップリングとPF管


f:id:nabeo1123:20190428115518j:image

 

できました


f:id:nabeo1123:20190428115532j:image

 

そして枕木に配線

 

インターホンを設置しました

 

外灯の配線も通しておきます


f:id:nabeo1123:20190428115556j:image

 

外灯は配送が5月末ごろになるので、ひとまず門柱作業はおわり

 

 

 

外構(門柱、土留め)DIY1


f:id:nabeo1123:20190427200518j:image

 

GWなので、外構DIY

法面により活用しにくい南東の庭を、土留めによって高さを上段に合わせます

 

合わせて門柱を新しくするとともに位置を変更します

 

現状


f:id:nabeo1123:20190427214307j:image

 


f:id:nabeo1123:20190427214322j:image

 

まず芝生をはぎます


f:id:nabeo1123:20190427214837j:image

 


f:id:nabeo1123:20190427214853j:image

 


f:id:nabeo1123:20190427214908j:image

 

法面部分の芝生は全て剥ぐつもりですが、とりあえず今は必要な部分だけ

 

次に水道メーター、汚水桝の回りを掘って配管を露出させます

 

配管を傷つけると大変なのでちゃんと確認します


f:id:nabeo1123:20190427215107j:image

 

水道メーター

 

上に置いてるのは汚水桝の保護蓋

 

金属製ですごく重たい

 


f:id:nabeo1123:20190427215129j:image

 

汚水桝

 

保護蓋をとりました

 

これは、あとでアジャスターを使用してかさ上げします

 

 

機能門柱もとりましょう


f:id:nabeo1123:20190427215204j:image

 

すっきりしました

 

門柱を取り除くのが大変でした

 

電気の配線が通っているし、セメントで固定されているし

 

なにより重い

 


f:id:nabeo1123:20190427215249j:image

 

門柱の残骸

 

門柱の下には岩のようなセメントの塊が

 

 

 


f:id:nabeo1123:20190427215324j:image

 

取り去った跡

 

大きな穴になってます

 

見えているのはPF管

 

インターホンと外灯の配線が通っています

 


f:id:nabeo1123:20190427215535j:image

 

新たな門柱はリーベさんで購入したFRP製の枕木

二本使用

金具で連結してます

中空なのでアンカーが必要です

底はのこぎりでカットしてます

このほうが固定力が高そうなので

 


f:id:nabeo1123:20190427215720j:image

 

写真を撮る時間がなかったので、途中は省略して

 

門柱が立ちました

 

インターホンの土台を強力接着剤で固定

 

固まるまではガムテープで留めてます

 

黄色いヒモは、インターホンと外灯の配線穴に通していて、配線をひっぱるガイドのようなものです

 

立てる前に通しておきました

 


f:id:nabeo1123:20190427215911j:image

 

固定は、450mm掘った穴に砕石を80mm敷き、型枠に流したセメントに枕木を差し込みました

 

これは仮の固定です

 

後に土留めと連結させるつもりです

 


f:id:nabeo1123:20190427220217j:image

 

このままではふらつくのでスコップで衝立してます

 

かっこわるいですがこれで十分

 

 

すきま菜園 DIY5

二つ目の菜園スペースの型枠をはずしました

 



f:id:nabeo1123:20190414203831j:image

この状態から

 


f:id:nabeo1123:20190414204056j:image

 

こんな感じ

 

コーナー部分がいまいちですが、まぁ良いでしょう

 

 

 

三つ目の菜園スペースに型枠と横筋を設置

 


f:id:nabeo1123:20190414204434j:image

 

セメントを投入

 


f:id:nabeo1123:20190414204512j:image

 

硬化後、型枠を外すと

 


f:id:nabeo1123:20190419160021j:image

 

こちらはまぁまぁです

 

 

これですきま菜園のスペースが三つ

 

面積は

①300×600

②300×1600

③300×1600

合わせて1平米とちょっとの菜園スペースが出来ました

 

すきま菜園スペースはまだ増やすつもりですが、とりあえずはここまでにしておきます

 

北側で日当たりが良くないので耐陰性の高い作物を植えるつもりです

 

ひとつめはシソの種を蒔きました

 


f:id:nabeo1123:20190415100214j:image

 

芽はまだ出ていません

 

発芽適温が20~25℃なので、ゴールデンウイーク明け頃でしょうか

 

 

 

ほかのすきま菜園に植えるのは、ミョウガやショウガ、ネギや幾種類かの葉物も耐陰性が高いようなのでよいかもしれません

 

ですが、まだなにも考えてないので

 

 

とりあえずは庭の残土と雑草処理のためのスペースに利用します

 

 

残土は、石を取り除いて菜園の土として再利用し、雑草は緑肥とします

 

石を除いた残土を入れ、そこに刈り取ったカラスノエンドウと鶏糞、米ぬか、さらに残土を上から被せ、最後に水を掛けます

 


f:id:nabeo1123:20190417061349j:image

 

大量の雑草

ほぼカラスノエンドウ

マメ科の植物は、根粒菌によって空気中の窒素を固定するので緑肥として優秀です

 

堆肥化に必要なのは

酸素

温度

ph、弱アルカリ性が良いらしい

C/N比 20未満

 

phに関しては、コンクリートブロックで覆っているので、自然とアルカリに傾きやすいかと思われます

 

C/N比は、投入する雑草のカラスノエンドウがC/N比が低めであるので、20未満に抑えれるかと思いますが、以前に剥がした芝の残りも加えようと思うので、窒素分は添加したほうがよいかもしれません

 

イネ科はC/N比が高めなのです

 

なので、発酵鶏糞も投入します

 

鶏糞は、窒素含有率が高く、C/N比が7程

 

堆肥化を促進してくれます

 

本当はシートをかけて過剰な水分を抑えなければならないのですが、めんどうなのでしません

 

菜園スペース自体がレイズドベッドされているので、余分な水分は溜まらないかと思います

 

あとは時々切り返しながら、堆肥化を待ちます

 

これから気温が上がっていくので、分解もスムーズにいくのではと思っています